ことしから5年生

DSC_0036

DSC_0036

鎌田教室に通われて2年が立ちます。以前通われていた教室で使用していた、ハノン・ツェルニー・ブルギミューラーを
そのままレッスンしています。本当に真面目な性格ですから、3冊を万遍なく練習してこられますので、いつも感心してしまうほどです。
そしてレッスンに連れてきてくださるのは、お父様でいらっしゃいますが、目を瞑られ娘さんのピアノを聞いておられる姿は大変微笑ましい光景です。
今年になり、卒業式で4年生が演奏するピアノ伴奏に立候補されクラスの伴奏者に選ばれました。ヤッター!!
今レッスンしているレベルより高度な楽譜を、粘り強く練習してくる姿は素晴らしいです。この伴奏でかなりスキルアップしたことは間違いいありません。
今年は5年生となり、身長も伸び少々大人ぽくなったかな~☆益々練習にも拍車がかかることでしょう!素敵な曲に沢山挑戦して欲しいです!(^^)!
そして、ピアノ伴奏もどんどん挑戦していくように願っています。

カテゴリー: BLOG

受験生をご紹介します。まさにこれから受験です。!

inside-03

DSC_0004

DSC_0004


昨年4月から、音楽科の受験のため鎌田教室にピアノと聴音に通われている方をご紹介します。
中学・高校と合唱の伴奏を一手に弾く受けて来て、高校生になられてからエレクトーンも始めたとの経歴を持つ方です。とても落ち着いた感しの高校生の印象を受けました。お教室に来られて、はじめて弾いてくださったのが、受験ではあまり選択しない、ベートーベンの「悲愴」第3楽章でした。その演奏は音楽的感性に富みリズミカルな表現力を持ち、指先の動きの良さは素晴らしく、和音も早いパッセージも何のその!しかし指の第一関節が少々弱く、その分手首の柔軟さで動きをカバーしていました。不思議なことに第一関節が弱いタッチには聞こえない魅力的な音だったのです。その音楽性を生かせるように、受験にはベートーベンソナタOp2No1を選び練習。まずは、形とタッチを直すためにゆっくりとハノンから・・そのタッチを少しずつ今演奏しているベートーベンのソナタに組み込んで、部分的に直していきました。今は指の強化が出来、いくつかの奏法が出来るようになりました。また現在は和音のPでのタッチを特訓中です。

この頃はお母様に「音が変ったわね~」と言っていただくほどになり、短い間に本当に沢山のテクニック習得の努力をされました。1回1回変化していく様は、教える側にとりましては本当に嬉しいものです。またレッスンももちろんですが、将来の事・好きな音楽の事など色々とお話ししたりレッスンプラスの楽しい時間も大切にしています。これからは、短期間で身につけたテクニックを生かし受験に臨んで頂きたいと願っています。頑張って~!将来の夢のお手伝いに携われる仕事につけている事、私自身幸せを感じる瞬間でもあります。感謝!

カテゴリー: BLOG

おめでとうございます。!(^^)!教員採用試験・保育士試験に合格しました。!

DCIM0299DCIM0296

DSC_0103

DSC_0103


前回ご紹介した、岩手大学の2人の学生さん、それぞれの出身地の教員採用試験に見事!合格されました。筆記・面接・実技と大変な中ピアノと歌の練習も絶え間なく練習に励まれた姿は、こちらにも試験に向かう真剣な空気は、ひしひしと伝わってきました。
一つの事に真剣に打ち込んでいくパワーは目を見張るほどでした。人柄・資質とも申し分なく、合格は正当な結果だと思います。試験の後も時間の許す限りレッスンに通われ
最後のレッスンには二人とも、ブルグミューラーの「アラベスク」や「エリーゼのために」を、習った証としてマスターするほどに上達されたことも、付け加えておきます。4月からの教員生活楽しみです。

もう一人の方は、お仕事を持ちながら社会人として保育士の試験に臨まれた方です。筆記と実技(読み聞かせ・絵・ピアノの弾き語り)ピアノは習ったことが無く
今回初めてとのこと、課題曲を右・左・両手と必死で練習され、そこに歌を入れる。本当にお仕事や家庭の事をこなされながら、時間を見つけてはレッスン通われる。素晴らしいな~と、いつも感心しておりました。
当日はドキドキして声が上ずったものの最後まで演奏できました。と報告がありその後合格の知らせでした。良く頑張られたと心からの拍手と送ります。パチパチ
皆さん本当におめでとうございました。!!

カテゴリー: BLOG

老人クラブで、童謡や唱歌を歌う~♪ボランティアに伺いました。

DSC_0007

DSC_0007

DSC_0012

DSC_0012


11月上洵、児童センターで行われた、地域の老人会主催のお楽しみ会。平均年齢が80歳を超える方々。名も「長壽会」にお邪魔してきました。今回は伴奏者に岩手大学の生徒さんにお願いして
伴奏と、曲当てクイズの時は司会を担当していただきましたが、とても感じ良く勤めて頂き温かい会になりました。
今回は、皆さんで歌える童謡や唱歌をとの要望にお応えして、「どんぐりころころ」「たき火」「ひなまつり」「カモメの水兵さん」‥間に手や体を使ってリトミック!皆さんの表情がにこやかになった所で、今の小学校で習う唱歌「日の丸」「春が来た」「茶摘み」「さくら」「こいのぼり」「ふるさと」を皆さんと昔を懐かしみながら歌い、私自身も楽しい時を過ごさせて
頂きました。80歳を超えるまでこんなにお元気で、町内の活動に参加出来ることは、本当に素晴らしい事と関心いたしました。大先輩の皆様にお目にかかり長壽パワー頂たような気がいたします!

カテゴリー: BLOG

大学3年   趣味と採用試験に向けて楽しくレッスン!

DCIM0305
岩手大学に通われている3年生のご紹介です。小学生の頃にポピュラーの曲を中心にピアノを習っていたとのこと、
将来に向けては勿論のこと、基礎からピアノを学び直したいと思われ、5月から通われています。
楽譜は読めると言うことでしたので、ハノン・ブルグミューラーと2本立てでのレッスン開始でした。クラッシックに触れながらも
持ち前の柔軟な穏やかな感性で、練習を重ねまだ1か月ですが、第一関節も折れなくなりハノンもしっかりとしたタッチになられました。
大人になってから自分の意志で、ピアノを習うとはこうゆうことなのですね。(笑)
大学・バイトと忙しい中時間を作り練習を重ねられる勤勉さが表すように、レッスン時間ピッタリに着かれます。
まだまだ将来については、色々と夢があります。と話す笑顔に、私は仕事として携われることが本当に感謝です。
これから、クラッシックのピアノの世界に触れてご自分の感性を磨いて頂きたいと、心から願います。

カテゴリー: BLOG

今年も咲きました!   我が家の薔薇☆

今年も沢山の薔薇が咲いています。4月から暖かな日が続いたため早くから、沢山の蕾をつけました。多い苗で150個の蕾を持つ苗が2つ
本当に驚きです。
お名前をご紹介いたします。
上から順に「ピエールドロンサール」「アイスバーグ」この二つが150個以上の蕾をつけました。レッスン室の窓から大きな絵のように
見えます「レイニーブルー」「アブラハムダービー」「さはら」本当に自然の色に脱帽です。また香りも「アブラハムダービー」はイングリッシュローズの品格を香りでも
表しています。興味のある方はお近くにお越しの際はお立ち寄りください。この1週間が見ごろです。!(^^)!
DCIM0325DCIM0110

DCIM0308DCIM0333DSCF0214

カテゴリー: BLOG

沢山の習い事を毎日楽しくしてま~す。

DCIM0274
今回は、幼稚園年長さんのお子さんのご紹介です。年長になってからと言うもの、毎日多くのお稽古に通われていらっしゃるのにも関わらず本当に沢山の事を覚えてくれました。学習塾、英語とお勉強に関しての習い事も楽しく通われているだけにノートで、バイエルに出てくる音符や記号を何ら苦労することなく、正しく覚えますので
2月から、鎌田教室に通われているとは思えない程ピアノも上達が早いです。!(^^)!
「よろしくお願いたします。」のご挨拶からニコニコとレッスンが始まり、指の体操、バイエルが終わると「ちょうちょ」「ちゅうりっぷ」を自分のノートにかいた音符をドレミで歌いながら
右手、左手、両手と「できた!よ~」楽しそうに弾いてくれます。
4か月の期間にぐんぐん習得していくご様子を、ご家族の方は本当に喜んでいますと、
お母様がおっしゃっておられました。
そして、音符が書けるので耳の訓練も加え5月からは聴音も始めました。
それをご覧になられている、お母様から「今の、偶然ですか?」(笑)と
言葉が出るほど、4小節全部正解!  拍手パチパチ・・
また、お母様は毎回、ノートにレッスンの記録を取られ、お家に戻られてから練習の時に
指導に役立てていらっしゃるとのことです。その努力も大きくお子さんの上達に貢献していることは間違いないと思います。素晴らしいです。

カテゴリー: BLOG

教員採用試験を目前に!

今回は教員採用試験を前に、ピアノを習いに来られたお二人の方の紹介です。
試験で自信を持って演奏したい、そして何より
教職員に採用された時には、音楽の授業でピアノを弾きながら、子供たちのために、
楽しい授業をしたいとの希望を持たれている、岩手大学4年お二人でした。
お二人がお教室に来られたのが5月初め、玄関から爽やかな挨拶をしてくださったのが印象的でした。
また、教員志望に相応しく、謙虚であり、かつ明朗の印象でした。
まったくピアノを弾いたことが無いということでしたので、まずはハノンと教員採用試験に
出される、教本の練習から始めました。
教本に関しては、徹底的に左右の別々の練習をしていただき、それも左は目をつぶって弾く練習など・・・
右手のメロディを覚えそこに左を重ねていく。初めは両手が別々のパートなのに合わせていくのが、大変な様子でしたが、今はもう両手別々に考えることが出来るようになられました。!
まだ2か月にも満たない期間に本当に良く努力をしてくださり、何とか試験までの見とうしがつきました。
レッスンの対する姿勢も真摯であり、練習も精一杯なさり、とても好感のもてるお二人です。
将来の夢に向かう姿を見るにつけ、心からのエールを送らずにはいられません。

DCIM0296

DCIM0299

カテゴリー: BLOG

私はピアノの先生になりたい!

DCIM0259
小学6年生の萌華さんは、ピアノが大好きで音楽に対して,
非常に素敵な感性の持ち主です。
昨年は合唱の伴奏を引き受けましたが、難易度の高い伴奏にも関わらず、努力を惜しまない
萌華さんは、独自の曲の世界まで醸し出すことができるほどに伴奏曲を完成させていきました。
それが、とても大きな力となったのだとおもいます。
音楽大学に入りたい希望があるので、ハノン・ツェルニー・ソナタアルバム・ショパンワルツ集と基礎と音楽性を融和したレッスンをしています。
萌華さんの練習は、CDを聞いて曲を覚え、指のタッチは鏡を見るなど、努力を惜しまない練習をしています。「ピアノを弾いている時間が一番幸せ!」と笑顔^m^
今、直しているのはタッチですが、手首の高さと動きが随分改善されました。聴覚も優れており、数か月前からは聴音も始めました。絶対音感があるので、面白いくらい
音が聞こえるようです。
教える私は、音楽に対する思いと才能を一つ一つ丁寧に、伸ばしていけるように関わっていきたいと思います。

カテゴリー: BLOG

夢は幼稚園教諭    ピアノ頑張っています。

DCIM0257
高校を卒業し、大学に行く前に将来の夢でもある幼稚園教諭になるために、
少しでも、ピアノを練習していこうと思いレッスンに通われた友紀さん。
小学3年生まではピアノを習っていたことも、手伝い今年の1月から通い始めたにも関わらず、この2か月でバイエルを終了。今はブルグミュウーラーに入り
とても楽しそうにお稽古に通われています。
時間も無いことから、週に2回のレッスンに通われていますが、とにかく時間があると
ピアノの練習をしているとか!真面目で素直な友紀さんならではないのでしょうか?
こんなに一つのことに集中できる能力を、もっついらっしゃるのですから
大学生活で学ぶ中でも多くの事を、習得し素敵な幼稚園教諭になられることでしょう。
ピアノの曲もまだまだ、たくさん素晴らしい曲があります。
沢山触れて頂きたいですね。

カテゴリー: BLOG